いい歯医者に巡り合うために

この記事をシェアする

より良い歯医者を選ぶためには?

現代のネット社会で、大体の患者さんはネットから来られる方が多いと思います。
ネット広告を打ち出している歯医者はダメ、などというような方もいらっしゃいますが、今はホームページが顔のようになっているのでそこまで気にする必要はありません。

まずホームページを見てみましょう。
必ずあるとは言えませんが、大多数の歯医者は今ホームページがあると思います。
そこでチェックして頂きたいのは、認定医であるかという点です。
認定医については難しいお話ですが、学会は自由に設立できるものであり、厚生労働省が認可を下ろしているのは以下の学会のみです。
・口腔外科専門医(日本口腔外科学会)
・歯周病専門医(日本歯周病学会)
・歯科麻酔専門医(日本歯科麻酔学会)
・小児歯科専門医(日本小児歯科学会)
・歯科放射線専門医(日本歯科放射線学会)

この学会に所属しているとなれば、ある程度の知識や腕があることになりますので信ぴょう性が上がります。

そのほかに歯医者を選ぶためのポイントは?

ここからは実際に受診してみないとわからないところになりますが、前述の記事でいく歯医者を決められた方は是非参考にしてください。

まず一番最初に大事なことは、コミュニケーションをこちらとちゃんととってくれるかという点です。
ろくにこちらの話も聞かず、見ただけで判断し治療に進まれる先生もいまだ多いのが現状です。
きちんとこちらが困っていることをヒアリングし、治療に臨んでくれる先生が一番です。

次に、治療をするにあたりちゃんと診察時間を割いてくれるかどうかです。
十分な説明をしてくれるかどうか、検査ももちろんですが一患者に対してどれぐらいの時間を割いてくれるのかどうかはかなり重要な点です。
なぜかというと、時間を割いてくれない場合通う回数が増える可能性があるからです。
受診を決められた方は参考までにチェックしてみてください。