電子タバコで禁煙です。

電子タバコは禁煙をしようとする方のマストアイテムです。吸うとタバコの先が、光って吸った余韻に浸る事ができます。タバコは個人的には吸いませんが、かなりの中毒性の物であり、お酒レベルの依存性であるのは間違いないです。中毒になれば一日二、三箱は行くそうです。だからといって禁煙を強制してません。それを利用すれば、少しは心のよりどころができるのではないでしょうか。しかし、タバコそのものは、肺を真っ黒にし、肺がんになったりプラスの面はありません。気分転換とストレス発散です。タバコの値段も高くなりました。コンビニで購入する方も、さぞかし大変でしょう。タバコの火はしっかり消しましょう。家事の元です。冬になれば火災も多くなるので、自宅で吸う場合は最善の注意をしてください。最後に、電子タバコは良くできてます。テレビでも紹介されてます。

電子タバコの普及について

消費税値上がりに伴い、タバコも増税の対象になりましたね。私がタバコを、吸い始めたのは今から15年ほど前になります。そのときからタバコの銘柄は変えていないのではすが、当時より一箱240円も値上がりしてしまいました。簡単に誰かに一本ねだるということかできないぐらいの高額になってしまいました。増税による値上げに伴い、泣く泣く禁煙されている方もいらっしゃると思います。病院などで禁煙外来もあるほど、今は禁煙される方に優しい世の中になってきています。喫煙する場所も、かなりの場所で分煙化され、昔と比べると、喫煙者はだんだんとタバコを吸う場所も限られてきて、肩身の狭い思いをしている方も多いのではないでしょうか。ホームセンターやディスカウントスーパー、通販などでよく最近見かけるのは電子タバコです。もちろん体に害はなく、まるでタバコを実際に吸っているような感覚になり、この電子タバコのおかげで、禁煙に成功された方もたくさんいます。

受動喫煙に配慮して電子タバコ

日本での禁煙意識が非常に高まっています。それは日常生活を送っていると自ずとわかりことなのです。駅などの公共施設はもちろんのこと、レストランやcafeでも終日禁煙や分煙を実施しているところが非常に多くなりました。これは受動喫煙の恐ろしさが多くの人に認知された証拠なのです。受動喫煙はニコチンやタールを含む煙を吸い込むことで様々な健康被害を被るのです。高齢者や子供、妊婦さんにとって健康への被害ははかり知ることができません。喘息などに陥る可能性もあるので喫煙者はより一層周囲に配慮することが大事なのです。こうした場合に電子タバコを用いるとよいのです。ネットでは中国やアメリカ製の電子タバコがたくさん売られています。バッテリーで充電し、水蒸気を吸い込むことでタバコと同じ効果をえることができます。周囲に煙を出さず、ニコチンを吸入できるのが受動喫煙に配慮できてよいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*