結婚式の二次会に小紋で参加

友人の結婚式といえば未婚なら振袖、既婚なら訪問着がお決まりですよね。でも、二次会なら小紋でも問題なし!むしろ、程よい抜け感が洒落ていますよね。私も先日、友人の二次会に小紋で参加させていただきましたが、周りからすごく好評でした。コーディネートは散々悩みましたが、春らしいレモン色に薔薇が描かれている、飛び柄小紋をチョイスしました。きっちりするところはきっちりと…ということで、半襟は白の刺繍襟。帯は鮮やかな青に金色の蝶が飛んでいる袋帯を二重太鼓で、新緑色の帯揚げを利かせてみました。ある程度のフォーマル感もだしつつ、帯留めはキューピッドのブローチで二次会ならではの遊び心も忘れずに。完全に自己満足ですが、新郎神父の門出を可愛いキューピッドと一緒にお祝いできて、大満足でした。二次会ならではの着物コーディネート、フォーマルにこだわりすぎずぜひ楽しんでみてください!


皆さんに知って欲しい小紋

洋服が主流となり着物は特別な機会にと考えている人も多いようですが、最近は和服も身近に着られるものとなりました。和服の一つ小紋ですが、一般の着物とは違い、全体的に細かな模様がちりばめられています。多種多様な柄や、染めの技法があり、洋服とはまた違った形でおしゃれを楽しむことができます。洋服もその日の気分や天気を見て決めることが多いですが、小紋もそれぞれの染め方や模様によりそれを着ている人の気持ちや雰囲気をより反映させることができます。それで、街中でしゃきっと和服を着ている人を見ると、一瞬立ち止まって見てしまうことがあるのでしょう。自分の気に入った技法の染め方で小紋を仕立ててもらうこともできますが、最近では、カタログなどで身近に手ごろな値段で買うことができるようになりました。日本人独特の服で、外国でもとても評価されています。それぞれの地域の伝統や歴史も奥深く関係していますので、この機会にぜひ和服を着て、街中を散歩してみるのはいかがでしょう。


可愛らしい小紋の着物

若々しくて可愛らしい印象を与えてくれる小紋のお着物は誰にとっても憧れの和装です。若い内にも是非たくさん着てみたいものですよね。小さく沢山散りばめられた花模様などがとても魅力的で、華やかな衣装です。歌舞伎鑑賞や能楽鑑賞の時のみならず、お花見やお食事会、近所のお散歩など、様々な場所で着られます。カジュアルなイメージを与えるので、割と気楽に着ていくことが出来ますよ。私もいくつか持っていますが、花模様だけでなく、絵巻のような、人々の生活情勢が描かれているものなんかもあります。見るだけでとっても楽しい気分にさせてくれるので大変気に入っています。注意点としては、柄が付いているので、派手な帯は避けた方が良いかもしれません。柄に柄、だと喧嘩してしまうと思います。私もいつも帯の柄は控えめか、無地にしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*