小紋を素敵に着こなしたい

小紋とは着物の種類の内のひとつで、全体的に小さな模様がある着物の事だと思います。余り着ている人を見かけた事はありません。多分、街着やお洒落着の感じで着るのではないかと思います。私は、仕事で、着物の着付けをしたりするのですが、仕事を初めてから今までに至るまで、一度も、小紋の着物の着付けをお願いされた事がありません。ですから、きっと、小紋を着られる方というのは、普段から、着物を着なれている方が、ちょっとお出掛けに着るような着物なのではないかと思います。最近、着物のリサイクルのお店が、あちらこちらにあるのを、見かけます。そんな事もあり、実際に着物姿の人も、以前よりも、見かける機会が増えている様に感じます。そういう人を見かけると、とても素敵に着こなしているので、私もちょっと来て見ようかなという気持ちになります。


小紋は正装に使わない普段着る着物

小紋とは着物の一種のことであります。その小紋は生地にいろんな形のデザインがされているのですが、そのデザインの向きがランダムに描かれているのが特徴の1つになっているのです。そしてランダムに描かれていることでこの着物は正装に使えないのであります。なぜなら正装で使う着物は模様がランダムであっては非常に失礼な行為に当たるとして使われなかったからであります。そんなわけでこの着物は普段プライベートで使用する普段着として使用されていたのであります。ちなみにこの着物は様々なデザインがありまして、遠目からでもはっきりとデザインが見えるようなのもあれば、江戸小紋のようにデザインが小さく細かすぎて遠目からだと無地のようにも見えるのなど様々あります。さらにこの着物は江戸、京都、加賀と地域によって多少の制作の違いも見受けることができるのであります。


小紋が誰にとってもわかりやすいのは

そんなに自分の着ているものについて執着がない人でも、着物を着る時にはかなり身だしなみ、見え方などを気にするものです。小紋はカジュアルな着物として一般人の間に定着しており、江戸時代から現代に至るまで、男女の生活着、外出着として使われてきました。結婚式やお葬式など厳かな式に着ていくものではないため、少し落ち着いたものや、逆に多少派手目の柄でもいい所が特徴です。これらは日常的に着るものとして使われてきた経緯があり、今でも年配の女性などがよくお食事で外に出る時に使っています。着物好きな人にとって、小紋が誰にとってもわかりやすいのはうれしい話でしょう。確かに見た目に地味な着物より、多少目につくあでやかなコーディネートのほうが、見る側にとってもうれしいものです。私たちはこうした文化の中で生きていることを実感させられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*