中古で小紋の着物を買おう

小紋の着物はいくつあっても着やすくていいものです。ただ、洋服と違って値段が張るのでそろえられないという人もいます。洋服でも安いものは安いように、和服でも、安いものもあります。とくに中古をリサイクルショップで買うと安いです。アンティークなどだと5万6万は当たり前ですが、普通のカジュアルなものは2千円程度で買えることもあります。高いから買えない、と言わずに、安いもので練習するつもりで買ってみてもいいでしょう。安いワンピースよりも安く買えるものもあります。通販でまとめ買い出来るところもありますが、地元のリサイクル着物のお店などで買うと、基本的な着方などを教えてもらえます。帯はもっとこうしたほうがいい、など、知らないとあとで恥をかくので、お店では全部素直に聞いたほうがいいです。教え上手な店員さんに聞いてみましょう。


着物女子のお気に入りはおしゃれな小紋

20代で着物を着る女子って、たぶんあまり多くないんじゃないかと思います。一つには、着るのが面倒、というより、自分で着られる人自体が少ないでしょうし、何より窮屈な感じがするからですね。ですから、着物を着る機会って、成人式か、結婚式や披露宴にお呼ばれした時に着る振袖っていうことになっちゃうんじゃないでしょうか。そんな中で、私はその少数派の着物女子です。特に、お花やお茶などのお稽古事をしているわけでもないのですが、何だか着物を着ると落ち着くんですよね。もちろん、会社に行く時は普通の洋服ですし、その辺のスーパーにお買い物に行ったり、ちょっとショッピングに出かける程度なら、わざわざ着物は着ません。お友達との食事会や、お芝居や音楽鑑賞に行ったり、パーティーに出かける時に着物を来ます。一番のお気に入りは小紋。帯次第で、セミフォーマルにもカジュアルにもなるし、ちょっとポップな感じやモダンな感じにまとめて、個性的な着こなしも出来るので大好きなんです。


着物初心者がチャレンジするなら小紋から

ここ最近では着物が見直されていて、若い女性でもお祖母さんの着物を譲ってもらったり、リサイクル着物を上手に利用してちょっとアンティーク風の素敵な着物姿を見かけるようになりました。自分も着物にチャレンジしてみようと思っている方もいるのではないでしょうか。着物は本格的な物になると反物から選び、自分の体型に合わせて仕立てる物ですが、そういった着物は安いものでも10万円以上はしてしまいます。そこで初心者は安く手に入るリサイクル着物がお勧めですが、はじめて着物を選ぶ際にはサイズはもちろんの事、種類に気を付けてえらびましょう。着物は価格ではなく、柄の入り方によって格(着物のTPO)がきまります。普段の街歩きに着用したいなら着物全体に柄の入った「小紋」を選ぶ事が大切です。洋服でもいくら価格が高く数万円するデニムパンツでも、デニムパンツで結婚式には出席しませんよね。それと同じで着物は礼装として留袖、準礼装として訪問着、普段着として小紋となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*